お問い合わせ 無料相談ご来店予約
[1]   2   3   >>   
2022年01月26日(水)

『40代シングルマザーの成婚ストーリー』

40代後半女性Sさんが活動開始から3か月間、素敵なパートナーと出会い、先日、お相手様と一緒に成婚退会のご挨拶にOM Konkastuのサロンにいらっしゃいました。
 
Sさんが入会相談に来社されたときは、高校受験を控えている息子さんの受験準備のことを考え、入会時期を悩まれていました。
そんな迷いの中でしたが 1か月後に1つ年を重ねてしまうこともあり、「1歳でも若い方が有利!」と、ご入会を決断され活動を開始することになりました。
 
お子さんがいる方は、ご自身のことよりもお子さんのことを考え悩まれ、なかなか婚活を始めるのに二の足を踏んでしまいますが、Sさんも同じように息子さんが受験生で悩まれていましたが、ご自身の事を考え一歩前に踏み出し活動をスタートしました。
 
お相手様にも同じ位の年齢のお子様がいらして、同じような家庭環境。そのことがきっかけとなりお見合いも上手く進み、すぐに交際スタートに。その後は、お相手様からの積極的なアプローチが決めてとなり、わずか1か月で成婚となりました。
 
二人共にいそがしく、中々デートする時間を取ることができない状況でしたが、お見合い後から毎日1~2時間の電話をしながら親交を深めていきました。会えない時間が、より愛を深めていかれたようですね。
 
これからは、お子さんのことも含めて、二人で一緒に乗り越えていかれることと思います。二人らしい新たな生活をむかえ幸せになってほしいと心より願います。
 
「寅年の2022年」
何かを始めるにはとても良いとされています。
ちょっと勇気をだして「婚活」という新たな扉を開いてみませんか。

 私たちOM Konkatsuは、婚活だけではなく~両家顔合わせ~結婚式と、大切なご縁をつなげるためにしっかりと寄り添っていきます。
  
出逢いをつくるOM Konkatsu
https://www.om-konkatsu.com/
 


 

2022/01/26 11:28 | 婚活情報

2021年12月30日(木)

新しいサービス「Wedding Support」がスタートしました

OM Konkatsu‐オーエムコンカツ‐では嬉しい報告が続いています。
先日は、40代女性会員さんが成婚退会され、青山にあるサロンにお相手様とご挨拶にお越しくださいました。
そのときに、結婚式の話題になり、ふたりからこんな相談を。
「2回目の結婚になるので、あまり大々的には行いたいくない。
でも、ふたりのけじめとして、何かできたら」とのこと。
 
OM Konkatsuを運営しているオフィース・マリアージュにも結婚式に関する同じような相談が増えています。
「ウエディングドレスを着て写真だけ撮りたいけど、どうしたら良い?」
「コロナ禍だから、友人を呼ばず家族だけで結婚式をすることってできる?」
 
コロナ禍前であれば、ご親族、ご友人、会社関係のゲストを招待して、挙式・披露宴を行うこと多かったですが、コロナ以降、結婚式のスタイルがだいぶ変わってきました。
 
2021年11月22日、いい夫婦の日にオフィース・マリアージュの新しいサービス「Wedding Support-ウエディングサポート-」のサイトがオープンしました。
結婚式の本質は、「お互いに誓うこと」
どんな場所でも
ふたりだけでも
家族と一緒でも
会場ありきではなく、おふたりにあった結婚式を全力サポートします。

 
今回成婚されたふたりには、Wedding Support-ウエディングサポート-より「フォトウエディング&アニュアルレター」を提案。
ふたりの理想の場所でウエディングドレスの写真を残しながら、夫婦の50年日記アニュアルレターの1ページ目に結婚への想いをお互いに書きこみ、読み合いませんか、と。
 
結婚記念日の贈り物 アニュアルレター
https://weddingsupport-om.com/news/619b2f8f9fae710572e039ca
 
私たちOM Konkatsuは、婚活だけではなく~両家顔合わせ~結婚式と、大切なご縁をつなげるためにしっかりと寄り添っていきます。
 
OM Konkatsuの会員さんだけではなく、結婚相談所で成婚されたふたりのウエディングサポートもしますので、まずはWedding Supportの無料相談会にお越しください!
 
出逢いをつくるOM Konkatsu
https://www.om-konkatsu.com/
 
ふたりの人生のはじまりから寄り添いたいWedding Support
https://support.wedding/
 

2021/12/30 17:51 | OM Konkatsu ニュース

2021年07月02日(金)

『99.9%は幸せの達人!』

以前からタイトルが気になっていた本を休みの日に集中して読んでみました。
 
『99.9%は幸せの達人!』

どんな内容なんだろうと思いませんか。

昨年売れた本ですので、目にされた方もいらっしゃるかもしれません。
「幸せの素人」というワードはあまり耳にすることも口にすることもないので、このワードにとても興味を惹かれました。
 
この本の中で特に興味深かった章は「努力する気がなければ 結婚してはいけない」
今、婚活を頑張っているあなた、これから婚活をしようと考えているあなたなら、益々気になりますね。
 
結婚した方が幸せなのか、結婚しない方が幸せなのか・・ 
独身時代がやや長くなってしまった方ほど考えてしまうテーマです。
最先端の研究から「結婚と幸福度の関係」を調べた結果は「結婚していない人より結婚をしている人の方が平均的には幸せな人が多い」との研究結果が多いそうです。
 
皆さんが婚活をしていく中で パートナーが見つかれば幸せになれるに違いない・・
結婚すればきっと幸せになれるような気がする・・
と思っているとすれば、それはちょっと甘い考えです。
 
実は、結婚したこと自体に幸せを感じられるのは2~3年、恋愛ホルモンは3年でほとんど分泌されなくなるからだそうです。
恋愛ホルモンが出なくなった後は「安定感」や「安心感」に幸せを感じることに移行していきます。
 
では恋愛ホルモンが出ている3年が過ぎたらどうすれば「安定感」「安心感」に裏付けられた幸せ感をキープできるのでしょうか?
そこにはそれなりの努力が必要になってくるということです。幸せをキープするのはまさに「努力次第」なんですね。
 
結婚生活は慣れたら終焉の始まり・・何となくわかるような気がします。
慣れに抵抗するための努力がそこに必要になってきます。
 
慣れないこと、つまりいつも新鮮な気持ちで接するためにどんな努力ができるのか?

言わなくてもわかってくれるなんて幻想は持たず
恥ずかしがらずに感謝の言葉を言う
たまには好きなお菓子を買ってプレゼントする
言葉と態度にすること・・
が実に大切になってくると書いています。

「そんなことわかっています」と言いたいところですが、実際には余程の意識付けと努力がないと続かないことだと思います。
例外的に8年経っても幸福度が低下しなかった男性の例が文中にありましたが、その男性はパートナーを旅行に連れて行ったりイベントを共有したりと、うまくいく人はそれなりの努力をしているということですね。
 
この本の著者のお一人、星 渉さんはお互いをわかるために1か月に1度パートナーとミーティングを持ちましょう、と提言しています。
いろんなことのすり合わせをしながら最後はお互いへの感謝の言葉で締めくくるのがキーポイントだそうです。


牧師先生からも新郎新婦に向けての提言の中で同じようなことをお話しされています。
  • 相手を受け入れ、相手を変えようとしないこと
  • 愛を伝え続けること
  • お互いをほめること
  • 上手に喧嘩して 相手を許すこと
  • お互いの想いをしっかり伝えあうこと
努力する覚悟があるという方は次にどんなお相手と結婚すると幸福度が高くなるのでしょう? 
婚活をスタートする最初のヒアリングで、どんな方と結婚したいですか?と会員様にお聞きすると「性格が合う人」という答えが頻繁にあがります。

日本の離婚理由の第1位は「性格の不一致」です。
でもこの本によると性格が合っているかどうかは幸福度には関係がないと言い切っています。
 
性格ではなく「価値観の一致」こそがもっとも幸福度に近いこと、ご夫婦やパートナーの性格をかえるのは難しいですが、価値観を一致させる方が圧倒的に簡単です。
もちろん性格も価値観も一致しているとそれは最高ですが、優先すべきは「価値観の一致」です。
 
お付き合いをしている間に「価値観が自分と似ているかな」という観点で話をしていくことが必要ですが、その時点で一致していなくても、一致していける努力がお互いできるお相手かどうかが大事だと思います。
 
お相手探しでは是非「価値観」の合うかどうかを一つのポイントに探してみて下さい。
 
 
「99.9%は幸せの素人」 作者:星 渉、前野 隆司

続きを読む...

2021/07/02 14:39 | 婚活情報

2021年06月12日(土)

コロナ禍の結婚式どうしたら良い?

ソラマリソラマリ
コロナ禍の結婚式どうしたら良い?
 
OM Konaktsu‐オーエムコンカツ‐では最近嬉しい報告が続いています。
昨年より活動をされていた方々のプロポーズが成功し、次々と「成婚退会」へ。成婚退会をされた方には、サロンにお越しいただきますが、皆さんが今一番気にされる問題。
「コロナ禍の結婚式どうしたら良いですか?」
ご結婚が決まった方が、皆さん悩まれる問題かと思います。
コロナ前であれば、楽しみにしていた結婚式が、悩みの種に。
 
「本当は、今までお世話になった方々をご招待し、感謝の気持ちを伝えたいんです。でも、コロナ禍のため、高齢の親族や遠方に住む友人のことを考えると結婚式は少し躊躇してしまって・・」
「入籍はしましたが、結婚式はまだ考えられなくて・・」
「結婚式はあきらめて写真だけでも撮りたい・・」
 
結婚式をお悩みの方へ
今はおふりだけでしっかりと誓いをされて、コロナが落ち着いたときに、披露宴をしませんか
OM Konaktsu‐オーエムコンカツで、今おすすめしたいのが新しいウエディングサービス「ソラマリ」https://soramari.com/ 
ヘリコプター遊覧と挙式・衣装と写真撮影がセットにした結婚式が2021年6月1日よりサービスを開始しました。
 
 

続きを読む...

2021/06/12 13:05 | OM Konkatsu ニュース

2020年12月28日(月)

45歳 華さんの婚活日記vol.6 第一段階の壁

華さん(仮名)45歳女性 初婚
職業 サービス業(平日休み)
活動期間 3ヶ月

活動をはじめて3ヶ月。
プロフィールをアップしてから、なかなか思うように「お見合い」にまで進められず、
システムを見る機会が減ってきている華さん。
何度か、様子を伺いましたが少々落ち着かれてしまっているご様子でした。
「婚活の第一段階の壁」なのでしょうか。

華さんに感想を伺ったところ、
お問合わせもいただいたが、条件などが難しいかたもいらっしゃった。
逆に自分から申し込んでもお断りをされることもあり、
検索をしてみても、男性会員さんの条件が自分には合わない人が多く
少し諦めてかけてしまっていたとのこと。

そこで、今までの「写真」や「プロフィール」を見直ししてみる相談をいたしました。
メイン写真はプロのカメラマンに撮影してもらった笑顔の写真ですが、
華さんのスマホの中に入っている、ご友人と一緒に撮影をされたお写真は、
もっと自然な笑顔なのでカジュアル写真に入れてみることに。
一番好きな場所とおっしゃる海の写真も一緒にアップしました。
プロフィール内容も少し変えてアップしなおしました。

「カウンセラーさんに話を聞いてもらえて、
もう少し積極的に頑張ってみようと思いました」と華さんがおっしゃってくれました。



婚活をスタートすると壁に当たります。
そんなときこそ、私たちが会員さんにとって身近な存在として、
しっかりとサポートさせていただきます。



 
 

2020/12/28 18:35 | 45歳 華さんの婚活日記

[1]   2   3   >>   

ページトップ